漫画紹介第11弾
今回は3ヶ月の間隔で漫画紹介だよ!


今回紹介しますのは、私も最近知りました作品で

アリョーシャ!2巻

近藤るるる先生の
『アリョーシャ!』
(少年画報社 アワーズ連載中)

本日11月30日に最新刊である2巻が販売されました。
まだまだ知名度が低いみたいなので、今日購入する際
本屋を2件はしごする羽目になりましたよ。HAHAHA

さてまずは作者経歴を調べますか。
(私自身、最近知ったばかりでよく知らなかったりする)

えーっと
福岡県生まれの漫画家。
第一回ファミ通マンガ大賞入選作「愛の砂嵐」にてデビュー
(『ファミコン通信』1990年第26号掲載)。その後『週刊ファミ通』
等のゲーム雑誌にてゲームネタを絡めた漫画を描いている。

癒し系(1993年時点)、レズビアン(1993年時点)、ロリコン(1996年時点)
デブ(2002年時点)など時代の最先端をいく萌えが凝縮されており、固定ファンも多い。
また、あまりに最先端の萌えを追求しすぎたせいか、某ゲーム雑誌以外での連載は
全て不調に終わっている事でも有名。


ってのがネットで調べられた情報。
ファミ通かー、そっちは専門外だったからノーチェックだったなぁ!
道理でこなれてて経験を感じさせる絵柄と一回覚えたら忘れそうに無い
名前なのに、今まで知らなかった訳だー(´∀`)納得。


ちょっと脱線しちゃったけど作品紹介。

主人公 アリョーシャ=スターリナは
日本の四葉高校に通う留学生。しかしその実態は
エストラキア軍 参謀本部諜報部 独立特別任命部(暗殺組織カラマゾーフ)
所属暗殺者 コールティク(短剣)であった。

エストラキアとは、旧ソレシア連邦の崩壊後、分離独立した共和国だが
資源を目当てにソレシアはエストラキアを幾度と無く侵攻。
独立国家とは名ばかりのソレシアの属国であった。

そんな中、ソレシアに立ち向かうべく侵攻にて親を失った
孤児たちが特殊部隊となるべく訓練を受けていた。
そして主人公アリョーシャは幼き頃から任務をこなし、
カラマゾーフNo.1暗殺者へと成長を遂げる。

そしてアショーシャは大統領を暗殺する為、
日本での訪問先である学校に留学していた。
カラマゾーフは、祖国の真なる独立を目指し
ソレシア大統領暗殺とクーデターを企てたのだ。

だが・・・

クーデターの失敗による暗殺中止。
エストラキアの政府高官および軍部は国外に逃亡。
そしてアショーシャのデータは軍から抹消。
軍から伝わった最後のメッセージ(命令?)は
『普通の高校生として生きるのだ』であった・・・。

そして始まる
シリアス<ほっこりな暗殺者JKコメディ!

初めて食べたケーキで悶絶する顔に萌え。
襲い掛かる追手との戦闘に燃える。
相反する要素を内包する作品であります。


にしてネットでの作者への評価、案外まとを獲ているかもなぁ・・・
実際のところ今回の作品が暗殺者萌え

・・・・最先端いってるぜ・・・(笑

さて名作になるか迷作となるのか楽しみにしてましょう。
【2011/11/30 21:43】 | 漫画(゚∀゚) | コメント(0) | page top↑
<<買っちゃいました   の巻 | ホーム | 二日分  の巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |