ハンイチ   の巻
えー
周知の話かも知れませんが、私は食い意地がはっております。
大食漢と、旨いものが好きという両方の意味で。

今日もお昼を済ませるだけにも係わらず
どうせなら美味しいものが食べたかったので
当ても無く、立川の町並みを自転車で徘徊しました。

(アオバ自転車店でいうハンイチのような行動ですな(笑)

徘徊すること20分
ちょっと気になる中華料理屋さんを発見。

内装は新しく、最近出来た雰囲気をかもし出しています。
手書きでデカデカとお勧めメニューを張り出していてやる気が伺えるお店でした。

汁無し坦々麺(680円)
汁無し坦々麺(680円)

大食漢の私は普段だと麺料理だと食べたり無いので、あまり頼まないのですが
実は坦々麺が大好きなんですよ。

坦々麺をラーメンの一種だと勘違いしてる人も多いとは思いますが
そもそも一般的にイメージされます汁有りの坦々麺は
陳建民氏(中華の鉄人・陳建一のお父さんだ)が日本人好みに開発したもの。

元祖は四川発祥で、担ぎ(坦々とはこの意味)ながら販売してた労働者の為の小菜
なんとも勇ましいというべき料理です。


生卵は苦手なので胡椒と醤油(日本人でごめんなさい)を加えて
突き崩しながら、貪り食べる。 うーん美味しい!
生卵の味に一切負けていない濃厚なゴマペーストと胡麻油。
だれて来る口を締めてくれる辛味と挽肉の旨味。
一切媚びることなくシンプルな味わい。いやー旨いね(´∀`)

この店、メニューを見てみると気になるのが一杯あるから暫く楽しめそうですな。

(ピータンをツマミに15年物の紹興酒を飲みてー)
【2010/08/08 20:13】 | サイクリング | コメント(0) | page top↑
<<3時に寝て8時に起きる   の巻 | ホーム | おもち貯金 の巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |