癖とポジション の巻
10月1日

二日間晴れた秋晴れの週末。
気候も良かったので、本日は多摩川の
土手沿いを走ってきました。

ってな事を色んな人が考えてたのか
多摩川は人で一杯でした。タイミング
良くマラソンまで実施してましたし(笑

それぞれ速度の違う人の動きに合わせて
減速したり加速したりと、結構大変でしたね。
ただ、そのお陰で、今乗っている自転車の
サドルの位置が間違っている事に気付けました。
一言で言うならサドルが低すぎたんですよ。

以下、蛇足気味な長文

詳しく説明すると、今朝までのポジションは
お尻の位置をサドル後方に置いている事を前
提として、その上で足の屈伸ぐらいが自然に
なる様サドルの高さを調整しました。
んでその状態で、お尻の位置をサドル前方に
ズラせば当然、膝が少し曲がる感じになる。
考え方としては、一番条件が厳しい位置で自
然に動けるように調整した訳です。
このやり方ならば、どの位置でも無茶なく動か
せる事が約束されます。でもそこからして間違
えてました。無茶はしてないかもしれませんが、
負荷が掛かっているっという無理がありました。

要点としては、優先順位の一番は頻度。
っという事実に今更ながら気付いたっという話。
つまりはお尻の位置はサドルの後方より前方の
方が圧倒的に頻度が多かった。ならば、サドル
の位置は後方基準ではなく、前方基準で調整
するべきだった訳です。

更に蛇足な話ですが、この頻度は私基準での
話ですよ。乗り方の癖っとも言えると思います。
私は街乗りが多く、徐行やら信号やらで急停止
する機会も多い。その際は大概高ギアのままな
ので、前荷重で太腿の筋肉を使って再加速する
ケースが多い。そんでもって、その一連の動作
自体が私の癖になってる訳ですね。

蛇足話(多分)終わり

結論として10mm以上はサドルを上げました。
(出先だったので大体ですがw)
その結果、加速がスムーズになりましたね~
乗っていてなんとなく窮屈に感じていたのは
この事だった訳ですかー。
いやはや自転車ってのは奥が深いですなー
でも自分の身体と自転車と会話をしつつ
最適解を探るっというのは楽しいですよね~

おっとマニアックな発言をしてしまったΣ(・∀・)

(そんなこんなで今日はこの辺で)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

【2017/10/01 20:57】 | サイクリング | コメント(0) | page top↑
<<株メモ10/4 の巻 | ホーム | 160台に    の巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |