前に出るか 下がるか の巻
平日の夜なのに、珍しく頭数が揃ったので

ジュピロスDに行ってきました。
ジュピロス前



前回は、廃兄貴盾+隠者Cの検証をする為にガンガン前に出ていたが

自分の役割に徹底した。

私は自分の位置付けを中衛であるとよく呼ぶ。


中衛は戦況に応じて、柔軟に対応し、前衛を補助し、後衛を守る存在である。
私の信念の根底にある考えですな。



さてそんな訳で今回は金剛を使わずに

食いかけを主に狙って、発勁主体の攻撃。
あと、低Lv指弾によるSG割りなどをして
進軍速度の維持と
(SS無し)

単身でもお強い

突っ込む前衛の支援活動を意識しておりました。


やっぱり生粋の前衛はタフだよねぇ~
沈まない(´・ω・`)

(装備と回復代に差があるとか言わないで)


さて今回は
最下層を目指しました
最下層を目指して








作戦失敗。

全滅



一応説明すると
死者が出て、それを起こすためにリザを詠唱したんだよ。

結果的にPTの足が止まった。

しかし、一度に大量の敵が湧くエリアもあってか
タゲを保持するが如く LKさんが単身突っ込みました。

それに気がついた数名がそれを支援しようと、前進。


結果、戦陣のラインが縦に伸びました。

後は一人ずつ、この大軍に飲まれていきました。
前線が確保出来ていれば(ノД`)




結論としてはしょうがなかったのかも知れないが、
あの時、金剛で前に出るか
冷徹ながらもLKさんを犠牲にしてでも後ろに下がるべきだったのかも知れない。

(凄く中途半端な位置取りだったかも)

中衛としてまだまだ判断力があまいですな(´=ω=)
【2006/04/12 22:29】 | RO | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<どっちが前衛? の巻 | ホーム | ぶーん 侮るべからず の巻>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://otyawan.blog38.fc2.com/tb.php/130-6e740e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |